お酒とは・お酒の強さと体質

top next

お酒に強い・弱いは遺伝子で決定される体質です


  お酒を飲んだとき、泣き上戸、笑い上戸に怒り上戸とその変化は様々です。しかし、身体に表れる変化、千鳥足になったり二日酔いになったりするのは万人が同じです。お酒を飲んだとき始めに表れる変化は異なって見えても、身体には同じような障害が表れるのです。

  万人に同じように訪れる体の障害。しかし、障害が現れるまでの飲酒量は人によってまちまちです。コップ一杯のビールで顔が赤くなる人もいれば、少々のお酒では顔が赤くなることなど無い人もいます。これは、俗に言うお酒に弱い体質の人と強い体質の人がいることを示しています。日本人の中には、お酒に強い人と弱い人の割合はおおよそ半々であり、その原因は体内の酵素の型で決定されており、これは遺伝の問題なのです。

  お酒を飲んだとき、お酒の成分アルコール(エタノール)の大部分は下図のように吸収分解されて、排泄されます。この他に発汗作用や呼吸からも体外に排出されますが、アルコールの分解速度の差は大きくても1.5倍程度であり、人により大きくは異ならないのです。でも、お酒を飲めない人と比べると、大酒飲みと言われる人の飲酒量は2倍や3倍で収まりません。


お酒の分解



  この差を決定付けるのは、アルコールの分解過程で発生するアセトアルデヒドの体内濃度なのです。このアセトアルデヒドは毒性の強い物質であり、動物に投与するとショックを起こしたり癌が出来るそうです。このアセトアルデヒドの分解を担っているのがALDHと言う酵素です。この酵素は遺伝子の型により活性度が決まります。両親から受け継いだ遺伝子の両方が活性の低いものであれば、お酒を飲めない体質となり、両方の遺伝子が活性の高いものであれば大酒のみになれる体質を持っているのです。そして、アルコール依存症者の大半が、この活性度の高い型の酵素を二つ揃えているのです。

  お酒を飲める、飲めないは遺伝子が決定します。しかしアルコール依存症になるかならないかは、自分で選択できることなのです。私は、アルコール依存症です。もうお酒を飲むことが出来ないのです。依存症になる前に、正しいお酒に関する知識を持っていれば、死ぬまで楽しくお酒と付き合えたのではないかと今でも思っています。

  お酒に強いと自認されている貴方、大丈夫ですか?
  お酒に対する充分な知識を持っていますか?
  お酒を飲みつづけ、アルコール依存症となってしまうと、私のようにもうお酒は飲めません。

  もう、お酒は止めようと思って、止める事が出来ない貴方、お酒は薬物です。一人で止めることは困難です。アルコール専門医に診ていただいて、断酒への道を進めてみませんか。このページは、貴方の断酒へのきっかけを提供するために作ったものなのです。


貴方は、お酒を嗜好品と考えていませんか?


  私は、アルコール依存症の勉強をするまでは、お酒は嗜好品だと考えていました。しかし、アルコール依存症者にとってお酒は薬物なのです。嗜好品は、その時の味や口当たりを楽しむもので、食べ物としての要素があります。アルコールはカロリーがありエネルギーにはなりますが、アルコール依存症者にとって、酒は味よりも酔いを求めて飲むものとなってしまっています。つまり、中枢神経への効果を期待した薬物となっているのです。

  薬物には、身体の成分を補うビタミンやホルモンのようなものと、体の代謝経路を遮断して効果を上げるものがあり、代謝経路を遮断するものは、身体の機能を妨げるのですから基本的に「毒」です。医学では、毒をもって毒を制する方法が取られる場合もあります。モルヒネの使用例を見れば明らかです。アルコールは、薬理学的には手術で使う中枢神経麻酔剤と同じ分類に入るものであり、麻酔剤と異なる点は、意識喪失にいたるまでの使用量が多く、致死量と意識喪失に対する量が接近していて、とても麻酔としては使えないものだということです。その薬物である「アルコール」、それは「毒」であり、その使用量を誤ると恐ろしい結果を招くものなのです。

  薬物の使用でもう一つ気をつけておく必要のあることがあります。複数の薬物を同時に利用すると、その効果が半減したり、倍増したりすることがあると云うことです。上に記したアルコールの分解過程でCYPと言う酵素が薬物を処理していますが、この酵素は同時にアルコールも処理しているのです。アルコールが体内にあると、このような薬物の処理が遅れます。その結果、体内にその薬物が高濃度で残るのです。必要以上の薬物を体内に残すと副作用が顕著となります。お酒に強い体質だからといって、他の薬物に強いわけではありません。お酒を飲むと、効果が半減する薬もありますが、それは種類によって異なるのです。

  アルコール依存症は、他の多くの病を誘発します。一見鬱病とみられた方が、アルコール依存症であったと聞くことも多く有るのです。くれぐれも、他の薬と、お酒を同時に摂取することは慎んでください。



top next