アルコール依存症

top

  意見交換の広場へいただいた投稿の内、うぴょさんがお父様とともにアルコール専門医に診ていただく前後の話題を記録に残しているものです。
  うぴょさん親子は、この事件で無事アル症に達していないとの診断を受けられました。迷って、悩むより、医師の診断を受け、すっきりする。素晴らしい勇気だと思います。



長くなりました:うぴょ: 4月13日(金)21時32分38秒

  うぴょは大酒のみです。そしてうぴょ父も物凄い大酒のみです。
そしてうぴょは自分のお酒の事を言われるのが大嫌いです。
昔うぴょはお父さんに言いました。私も止めるからお父さんもやめよう。うぴょ母は狂喜乱舞でした。
そしてうぴょは我慢できなくなって自分だけこっそり飲むようになりました。ゴミはもちろん自分で捨てます。・・でも捨てきれなくて困って駅やコンビニに少しずつ捨てたりしました。
  で、お父さんに見つかる時が来ました。うぴょがあんまりたくさん呑むので捨てきれなくなって部屋にゴミを溜めてたんです。普段うぴょ父は絶対うぴょの部屋に入りません。でも其の日はうぴょ姉がうぴょの部屋に忘れ物をして届けてくれるようにうぴょ父に電話したんです。
その時うぴょ父はうぴょを怒りませんでした。
一回じゃないです。台所以外呑まないって思わせといて自分の部屋で飲んでたのが見つかったり。その時の「あっ!」って顔のうぴょ父が忘れられないTT 
そんなこんなを繰り返す内、うぴょはうぴょ父のお酒に口出ししなくなりました。そしてうぴょのお酒をいわれるのも大嫌いになりました。
呑みすぎるって怒られるのも、呑んでないって褒められるのも(だって其の内呑み出した時、お母さんの失望、怒りが怖かった)
お父さんと酒のみの連帯感でつながってうぴょ母に「気持ち良く呑ませろ」って連合したりしてました。
去年、(今でも)お酒の離脱がきつくて飲みたくて呑みたくて、お父さんのお酒の前でうろうろしたりしてた時ももう、うぴょと一緒にお酒を止めようとは言いませんでした。  ・・うぴょのお酒は私だけの問題です。そしてうぴょ父の飲酒もうぴょ母も私の問題じゃないんです。
 おまけ・・二郎様、お酒って高いですよ〜エンゲル係数みたいにお酒係数だしてみて気絶しそうになりましたもん。ビール大瓶一ケースで五千円ぐらい(当分買ってないので忘れた)今うぴょが着てる服がシャツ五百円、ジーンズ二千円、ソックス百円です。  自分の中で酒代は別計上になってて、お金に糸目を付けてなくて、で、酒代の事完全に忘れて自分の事あんまりお金の掛からない質素な奴^−^って思ってました。
マジ、なんで自分が貧乏ーなのか御小遣い帳つけるまできずかなかった。

おまけのおまけ、、つい、うぴょ父の飲み方に口出ししてしまいました。父を病院につなげるために「一緒にがんばろう」を言っちゃいました。
・・けっこう後悔。来週月曜二人雁首ならべて初めてのアルコール外来です。

うぴょさんへ:二郎: 4月14日(土)00時12分08秒

  雁首そろえてアルコール外来、一大事です。しかし、今のお気持ち忘れずに、ガンバです。
お酒係数、私の場合も高かったのだろうと思います。一度、今までの飲み代を計算したら、一戸建ての家を一軒、飲んでいました。小さな胃袋のどこに入ったのだろう?

質問:うぴょ: 4月14日(土)22時19分22秒

  済みません、質問なんですが母も一緒に病院いくべきでしょうか?
私は病院に行く事は母には内緒にするつもりでした。
病院にいくなんて評判が悪いって反対すると思ったからです。なのにあっさり父は母にばらし、そして母は反対しませんでした。
あれ?でもそーなら母も行ったほうがいいのかな?病院に行ったことのある方、良かったらお教え下さい。

今日会社で月曜お休み下さいっていったんですがX-X  うう、上と相談するからちょっと待ってですと。いいもん。いざとなったら欠勤してでも行ってやる。
でも、やっぱり「お父さんを連れていく」が主目的な気がしてる。

はじめまして?:みみ: 4月14日(土)23時21分24秒

  うぴょさま、はじめまして?っつうか、いつもROMしてる、みみです。依存症の、酒飲みです。
お母様の件ですが、病識(?)がない、というか、ご本人が必要と思わなければ、受診してもどうでしょうか?「いっしょに、病院いく?」ってさそってみるくらいしか、できないのかな、と思うのですが。。。でも、お母様、共依存、なんて説明されても、納得するのってむつかしいだろうなあ。。。。(素人?には、むつかしいと思う)。うちの親も、きっと同じだと思うし。
しかし、配偶者のことだから、誘えばきっといっしょに行くんじゃない?もし、共依存だったら、なおさら。うーーーーん、皆様、いかがでしょうか???いっしょにいくだけでも、お母様の理解力、ずいぶん上がると(つまり、「学習」ですね、心理学の言葉でいうなら)思うのですけど。

追伸:みみ: 4月14日(土)23時25分50秒

  お医者様(専門家)の、おっしゃることなら(権威があるから)お母様も、納得されるかと思います。

うぴょさん:二郎: 4月15日(日)00時40分42秒

  お母様も、ご一緒に病院へ出向かれるのがよいと私は思います。
お母様のことを書かれている内容からは、かなり強度の共依存を感じます。アルコール専門医なら、家族のためのプログラムもあります。

私の場合、一人で専門医に出向き初診を受けましたが、2回目には医師からいわれて夫婦同伴でした。そして、家内も家族教室に出てアル症の勉強をしました。

月曜日、仕事を休まれるのに、「ちょっと待て?」。
そりゃイカン、まして上と相談する??
頼んないやっちゃ!
「病院にお父様を連れて行く」or「私が医者の検査を受ける」、なんでもいい(嘘はダメですヨ!)から、休暇を取って下さい。

うぴょさんへ:二郎: 4月16日(月)00時04分39秒

  見てくれていたら嬉しいのですが、明日の病院へ行かれる時、お母様をお誘いするのに無理強いは禁物です。あまり行きたくないようでしたら次の機会を待つ、そんな感じが良いと思います。何時かは病院へ同行していただく事が必要だと思いますが、...。

私の家内は、医師に同行を求められたと言ったら、素直に同行してくれました。

直前報告:うぴょ: 4月16日(月)09時19分54秒

  レス、有難う御座います。うぴょ母はずっと前からの友達との約束があるそうなので、そっち優先することになりました。(友達って大事ですもんね)
 「今日は私、仕事休んだけど、病院、一回じゃ済まないから、行きたがらなかったら母さんがいくんだよ」と家族会とか入院とかの話はせずに言いました。お母さん行く気ばりばりです。なんで私、お母さんが病院嫌がるっておもいこんでたんでしょ?
仕事、強引に休んだんですが、同僚には「お見合い?でしょー」とそれはそれは楽しそうにからかわれましたX-X今日私は休みだけど今日の主役は私。
そーだよなぁ、まさかアル症で病院とは想像外ですねTT
それと笑える話を一つ、うぴょはうぴょ父の病院の付き添いなんですが、うぴょ父はうぴょの付き添いのつもりらしいです。病院通いは一回じゃ終わらないと思うってたらうぴょ父「うぴょが一人じゃ止められないから行くんだろう?自分は一人で止められる」
  お互いがあいつのほうが重症だって思ってること判明。では行ってきます。
有難う御座いました。

うぴょさんへ:二郎: 4月16日(月)11時43分33秒

  結果報告楽しみにしています。
お母様が病院に行く気ばりばりとは、困ったものです。仕方が無いな〜、ぐらいで付き合っていただけたら良いのですが、...。

お父様と、うぴょさんと、お互い相手を重症だと思っている。これはありがちなこと、お医者さんの判断は如何に?

行く気ばりばり、まずいですか?:ノリ: 4月16日(月)15時40分22秒

  わたしは、最初専門病院に相談に行く時つらかったなぁ。うちから高速とおって1時間もかかるところなのに、「知り合いにあったらどうしよう」「わたしが本人と思われるんじゃないか?」「この人(隣の患者さんらしき人)わたしのこと殴らないかな?」とか。今考えると笑い話ですが、もう、この病気に対する偏見で凝り固まってましたから。

うぴょさんのお母さん、行く気があってわたしはよかったと思います。なぜなら、ちょっと勉強し始めると、家族にはすごく受け入れがたい事実が出てくるからです。いわく「家族も病気。」

これをクリアするのはまた辛い。なので、最初の一歩が「ばりばり」の方が、よいかなぁと。私見です。

報告:うぴょ: 4月16日(月)18時14分27秒

  結果でました。
簡単に言います。私も父も依存症ではないそうです。抗酒薬より呑み方、生活習慣を改めるようにと、、父は昼間に飲まないように、私は部屋で一人で飲まないように。そう云うのみ方を続ける内に依存症になる、、と。
うあり?父のように酔ってバイクに乗って両足一編に折ったり、4日まえみたく泥酔してこけてガラス割って寝たままおしっこして、布団の中で二回目して、それで目を覚まして部屋の端っこに三回目(母のちくり)してても依存症ではないそうです。
私も、去年の夏に飲みっぱなしになって、仕事行く前にも飲むようになって断酒しようとしたけど出来なくて最高五日でも依存症ではないそうです。
私は、自分の意思で節酒できた事、今はお金でコントロールしてること、などなどで依存症ではないそうです。最高五日も「週末になって明日休みだと思うと呑んじゃうよね、友達もいるし。そう云う人は多いいよ」と・・
なんか・・すごくお騒がせ致しまして申し訳ありませんでした。私って只の大袈裟坊主?!
今日は目茶目茶人生かけて行ったのに、今へにょへにょです。

うぴょさん、おめでとうございます:二郎: 4月16日(月)20時16分48秒

  くるくるく、まわしております、何時もよりたくさん回しておりま〜す!!

うぴょさん、そしてうぴょ父さん、おめでとうございます。

いいな、いいな、指をくわえて読んでいます。そうか、うぴょさん、そしてうぴょ父さんは依存症にはなっていなかったんだ!

まだまだ、節酒出来てるんだ、まだまだお酒を飲んでも良いんだ、「おめでとう」。

うぴょさん、私なら「へにょへにょ」にはならずに、「狂喜乱舞で乾杯!」になっちゃいます。

でも、お医者さんの注意は良く守ってね、でないと私の病気が「おいで、おいで」をしているから。    ――― 健闘を祈ります ―――

PS:お母様は喜んでいらっしゃいますか、そのほかの経過もよければ教えて下さい。


ノリさんへ:二郎: 4月16日(月)20時34分13秒

  そうですか、「行く気バリバリ」とは別に、偏見を乗り越えるための「嫌々」がありますか、そうですよネ、ガックシ。
普通、病院に同行する時、病人が一人でいけないときに付き添うものだと私は思っています。外見上は本人がピンピンしているアル症は、一人で病院に行くのが当たり前と思っていました。
病気のことは本人の問題と家族の人が思っていたら、「一人で行けるなら、行って来い」となりそうに思います。
どうやら、「行く気バリバリ」も「嫌々」も、自然体ではなく、どちらも問題ありそうに思います。

う〜ん:SOU: 4月16日(月)23時50分37秒

  うなってしまいました。…何に?
その1、この掲示板の繁盛ぶりに。同時にためになる話がたくさんだから。
その2、キボウさんの「居酒屋から帰って一人になってから…」のくだり、あまりにも身に覚えがあってドキンとしたから。
その3、うぴょさん父子のこと。白状してしまえば「うらやましい」ですよ、やっぱり。まあ、キャンディーズではないですが「♪それぞれの道、わったっしたち〜、歩いていくんですね〜」てなもんですから。それぞれにがんばっていきましょう。
その4、河島英五がなくなったって本当ですか!?…う〜ん!

うぴょさん:みみ: 4月17日(火)00時00分44秒

  よかったですね。ハマらないように、これからもがんばってね。

いったい、アル症って、何なのでしょうか?
あーーーーあ、それでも、私は自分は依存症かも?と思ってしまう。

うぴょさん、久し振りです。:ひろ: 4月17日(火)00時11分49秒

  >うぴょさんへ
良かった!本当に良かった。書込み読んでいて、アル症間違いなし!って太鼓判押してた。ごめんね、、、。
うぴょさんも、うぴょ父さんもくれぐれも飲みすぎには御用心!!
それにしても羨ましいです!この先もお酒と共に過ごせるなんて!!!

河島英五、あの曲を聞きながらのお酒は本当に人生捨てても良いかも、、飲み潰れるまで飲みたい心境になりましたね。実際、しょっちゅう酔いつぶれて寝ていましたが。残念です。はたして河島英五は酒で命を落とすまで飲んで幸せだったのか?。複雑です!自分が飲んでた頃は、飲んで死ねたら本望と思っていたから。今は、飲まないで生き続けたいと思っていますが、、。今日も1日断酒ができ、眠りにつける事を感謝しよう!!!

有難うございました:うぴょ: 4月19日(木)15時06分06秒

  先日は二郎様がまるで我が事の如く喜んでくださいまして感謝の限りもございません。本当にありがとうございました。
ちなみにうぴょ母の反応ですが「嬉しいけど、がっかり。」です。うぴょ母としては病名がついて、父も私ももう一切飲まなくなればそれが一番良かったんだろうと・・「病院に行きたくなるほど反省したんだから、もう呑んだらいけんよ。でも先生に飲んでも良いって言われていらん自信つけてもらっちゃ困るがなぁ」と方言で母は本音を私に聞かしてくれました。
で、父と私ですが「過去を踏まえお互い不干渉で行こう、一緒にがんばろうとは言わないからね。」とまず私が宣言、実際父が夕食にビール買ってきても口出ししませんでした。(母大激怒)
でも「昼は絶対飲まない」父の前で私は飲まないほうが良いよなぁ、と自粛。父も夕食時に「ビール買ってくるけど、うぴょも飲むか?」と、なんとなくお互い気にしてます^−^ちなみにわたしゃ要らない、要ったら自分で買いにいくってたら母、二人とも反省が足りん!!と激怒してまたいつもどーりの家族バトルが始まり、結局私ん家は喧嘩が絶えないみたいです。
ちなみに私は「一人で飲むな、誰かと楽しく飲むように」と言われたのですが、かーちゃん怒ってる前じゃ飲めませんがな。

  まだちょっと自分と父が依存症じゃないってのが不思議です・・どっからが依存症なんでしょう?久里浜式や他のテストでもうぴょったらいつも高得点だしてたんですが。もし4ヶ月前に行ってたら診断違っ違ったんでしょうか、最近は久里浜式にも「過去何ヶ月間に・・」ってついてたら私はもう違うのになーって・・っと二郎様の「アル症に完治はない」ちゃんと覚えてます。
あと、去年の夏、自分がおかしいって思ってなかったら、今、こうしてパソコンいじってられる私じゃ無かったのは確定。朝、酒飲んでから仕事行ってましたもん取り敢えず首にはなってただろう。・・で会社には私の大事な友達がいるから其の子とも駄目になってて、共通の友達にも合わせる顔が無くなってまた誰とも会いたくなくなってたんどろうなぁ・・と。

もしかしたら今も自分おかしいっておもってでも誰にも言えなくて泣きながら、のみながらアル症のHPをネットサーフィンしてる人がいるかも、、一気に病院へ行けなくても、飲みながらでもちょっとづづでもお酒を減らしてって自分の時間を取り戻すのは良い事なんだろうと、、。
以前、本当に一口飲んだら死んじゃう人もいるって、だからちょっとづづなんてのは危ない書きこみだとはご指摘いただいて、其のとうりだとは思ってるんですが。

うぴょさんへ:二郎: 4月19日(木)22時38分38秒

お母さんの反応、想像どおりで半分嬉しいです。それは、うぴょさんんがアル中街道を止まらざるを得なくなったから。
一口飲んだら死んじゃう人、いるんですよ悲しいかな。一番危ないのは、断酒してていきなり連続飲酒に入った場合、これは危ない。だから、アル症の人には「お酒を減らして・・・」は禁句。でも、うぴょさんは違ったんだから、自分の感覚として書き込んでもらうのは歓迎。このページに来る人が全員アル症とは限りませんから。でもその言葉の前に、「アル症仮釈放中」(ゴメン)とつけて頂ければ嬉しいです。







top