本当の勇気


命の尊さは、何者にも代えがたいものであり、それが例え人の命を救う場合であっても、自らの命を粗末に扱うことは許されません。
上記の例では、幼い子供が、医師からの説明を理解できずに、自らの命をもって、大好きなお姉さんの命を救おうと考えたものです。幼い子供にとっては、命とは何なのか、そしてそれはどのように扱う必要があるのか、判らぬまま、最も勇気ある行動をとったものです。
アルコール依存症者となるものは、少なくともある程度の人生経験をつんだ方々です。命を粗末にすることなく、この幼い子供と同様の勇気を持って生きていこうではありませんか!



アルコール依存症からの回復のために