飲酒の迷い

back top next

何故お酒を止めなければと思っていても飲んでしまうのか?


  「貴方、お酒止めますか、人間止めますか?」アルコール依存症との診断を受けたとき、突きつけられた質問です。お酒を飲みつづければ有意義な人生をおくることが出来ない、寿命は後5年です。その診断の内容は、父と同じ道を私が歩んでいると指摘されたものです。

   それまで、お酒を止めなければならない、止めるほうが良いと思いながら飲んでいました。そして、酒飲みが酒で死ぬのは本望だ、そう思っていました。どちらの気持ちも本当なのです。でも、今日はお酒を止めようと思って家を出ても、帰宅時にはビールを買っていました。

   休日も家族とともに過ごしたいと思い、お酒は控えなければ、と思っても飲んでいました。お酒は少量で控え、家族で外出をするつもりでも、飲みすぎて寝てしまいます。目がさめると自己嫌悪です。だったらお酒を止めれば良いのですが止めることが出来ません。知らぬうちに飲酒欲求の虜になってしまい、飲んではいけないと云う気持ちと、飲みたいと云う気持ちが葛藤をまねき、飲みたい気持ちが勝ってしまうようになっていたのです。

   お酒を止めたいと云う気持ちは、「体に悪いから」「周囲からも止めろと言われるから」等、素面の自分が考えることです。

   私の場合は好きで飲んでいた酒です。ですから、始めの内は体に悪いから休肝日を設けようと、気軽な気持ちでお酒を止める日を設けることが出来ていました。これが、お酒を飲む目的がストレスリリーフだとか、気晴らしにと思うようになって、一人で飲み歩くようになると、休肝日を設けるのが困難になっていきました。今日は止めようと素面の自分が頭で考えるのですが、「でもまあいいか」とささやく心に抵抗できません。結局、酒で体にダメージがあるのと、ストレスを貯めるのはどちらが良いか、等と屁理屈をつけて飲んでしまいます。飲みたいのです。

   これが進行していくと、飲みたい気持ちがエスカレートしてきます。同時にお酒を止めなければならないとの気持ちも強くなってきます。ここで心の葛藤が生じて、「止めたい、止めたい。」そう思うのですが、「飲みたい、酒飲みが酒で死んでも本望だ!」となり、飲みたいが勝ります。

   この、「お酒を止めたい」と「お酒を飲みたい」の気持ちが共に大きくなると、一種の精神錯乱状態です。自分がなにをしたいのか判らなくなってきます。
ついには、「お酒を止める必要がある」と頭で理解しても、気持ちは飲みたいになり、飲んでしまうのです。

   この、一種の錯乱状態は、日頃の生活にも影響を及ぼし、イライラします。お酒を止める、お酒を飲む、これの迷いに気を取られ集中力も低下します。それ以前に、お酒で体の障害が発生してくると、気力も萎えています。この、心の中での葛藤が、人間性を狂わしてしまい、人のことを考える余裕も無くします。あるのは、酒びたりの自分への嫌悪感と、周囲からの非難です。

   ついには、「貴方人間止めますか、お酒やめますか?」となってしまいます。

   こうなってしまう原因、それは、飲酒欲求や離脱症状に書いているように、お酒が依存性を伴う薬物だからです。そこに行き着くまでに、自制出来ていればと思います。しかし、ストレスと体を天秤にかけて考え出したころ、お酒による問題が顕在化するまえに、すでに依存は形成されていたのだと思います。

   依存が形成された結果、お酒は一時の逃げ道であり、決してストレス原を解決している訳ではない、それが判っていて私はお酒に逃げたのだと思います。ストレスは生活していく上で、次々と生み出されていくものです。それを毎日、一つずつ解決していく、それが生活の基本なのに、ストレスの元を残したまま酒に逃げるようになると、ストレスは加速的に溜まっていきます。そして逃げ出さずにはいたたまれなくなる。アル症の悪循環、悪夢の始まりです。

   その悪夢から抜け出すには、お酒を止めるしかないのです。しかし、それに気付くまで、いや、気付いてからお酒を止めるまでに、いかに多くの罪を犯したことか。

   私は、反省はしても後悔は嫌いです。ですから、強がりでも後悔は、したくありません。私の人生には、お酒を飲み、お酒に飲まれて、自分の人間性を否定するステップが必要だったのだと思います。そして、お酒を止めることにより、人間性を再構築する必要があったのだと考えています。

   しかし、この独り善がりな考え方で、迷惑をかけた人たちへの償いを放棄するつもりはありません。犯した罪を一つずつ掘り起こし、償いをする必要があると考えています。どうすれば償いが出来るのか、まだまだ判りません。その答えを求めて、今後も断酒を継続したい、そう思っています。


back top next