お酒とは・薬物としての理解

back top next


お酒とは・強い依存性を発揮する薬物です


  少量のお酒で、アルコール依存症になることはありません。又、一気飲みで表れるような急性アルコール中毒と、アルコール依存症は異なります。アルコール依存症は放置していると症状が進行していく慢性の病なのです。

  依存症と言う言葉が表すように、アルコールは麻薬と同じような依存を形成する薬物なのです。この薬物による依存形性の強度を比較すると、下表のようになります。これは、「アルコール依存の生物学」という本に記載されているもので、残念ながら私はアルコール依存症になってから知りました。少量の飲酒では依存を形成することは無いとはいえ、一度依存を形成すると、その魔力から逃れることが困難な、強力な薬物であるとは知らずに、毎日毎日お酒を飲んでいました。


名    称 中枢作用 精神的依存 身体的依存 耐    性
ヘロイン抑制非常に強い非常に強い非常に強い
アルコール抑制強い非常に強い強い
コカイン興奮非常に強い
マリファナ抑制
覚せい剤興奮非常に強い強い
カート興奮(?)強い無(?)
LSD興奮強い


  お酒を止めることの困難さは、手軽に入手できることにもその原因があります。ヘロインや覚せい剤等他の薬物は、それを乱用すれば犯罪であり、それは正規のルートでは一般人には入手出来ないものなのです。覚せい剤やコカインより、はるかに依存性の強い薬物「アルコール」は、自動販売機で簡単に入手することが出来るのです。これは、一度依存を形成してしまった人にとって、毎日その覚悟を試され続けているようなものなのです。お酒を止めようと思っても、止めることが出来ない、その落とし穴が町じゅうに溢れているのです。

  お酒を止めるには、その落とし穴を回避する必要があります。それには、医療や自助グループに救いの手を求めてください。病気から回復するため、医療の助けを借りる、恥ずかしいことではありません。自助グループは、同じ病気の人の集まりです。心を開くことが出来れば、同じ病気の人の言葉は、酒を断つのに大きな支えとなります。




back top next