NKの音楽講座(第二回)

音符の高さと長さ

音楽をするのに欠かせないものの一つに
楽譜があります(楽譜使わない人もいるけどね)
皆さんの中に楽譜を一度も見たことの無い人は
ほとんどいないでしょう
楽譜の中に”おたまじゃくし”みたいなもの()がたくさん並んでますよね
それが音符です
音符が楽譜の上で果たす役割は二つ
音の高さを決める、音の長さを決めるです
楽譜には大抵五本の線が引かれています
通常、五線譜と呼ばれるものです
その五本の線のどこに書かれているかで高さが異なります
下の図を見てください(ト音記号でかかれています)
一番左から順にド・レ・ミとなっていますね
音符はこのように線と、線の間を使って書かれます
どこに書くかによって音の高さが変わるというのは
下の図のようにどの線の上に書くか
どの線の間に書くか
で変わってくるのです
の一つ上の線の間に来る音はもちろんファになりますよね
ファの一つ上の線の上に来る音はになりますね
こうやって順番に見ていくと
上から2つ目の線の間に来る音が
図に書かれているように、の音になるのが分かりますね
また五線の上に書ききれないものは
一番左ののように自分で短い線を増やしてやればいいのです

音の長さは音符の種類によって変わります
下の図を参考にしてください
全音符というのがありますね
これを分かりやすく四つの長さを持つ事にしましょう
つまり四つのばすと思ってくださいその場合
二分音符は二つのばします
四分音符は一つのばします
八分音符は1/2つまり0.5のばします
このように全を基準をして
何分割するかというのが音の長さなんです
例>四を二分割すれば二ですね、だから二分音符は二つのばすといったんです

八分音符に注目してください
羽みたいな尻尾みたいなのがついていますね
これを二本に増やせば十六分音符
三本に増やせば三十二分音符になります
これらの音の長さはもう分かりますよね?


変わった音符もあります
それが付点です
下の図を見てください
音符の横に小さい点がついているのが分かりますか?
これが付点です
読み方は四分音符の横についていれば
付点四分音符
八分音符の横についていれば
付点八分音符と読みます
音の長さは簡単です
四分音符の横についているなら
四分音符の長さを1.5倍してやればいいだけです
付点が着いたら1.5倍
これでばっちりですね


皆さんはもうお分かりだと思いますが
音符だけではのばす割合は分かりますが
延ばす時間までは分かりません
それを決めるのは曲のテンポです
そのうちお話しますのでお楽しみに

皆さん初めての音楽講座如何ですか?
分からないところはどんどん質問してください
ここをこうした方がいいなどの
アドバイスも受け付けています
図が美しくない!っていうのは勘弁してください(笑)