NKの音楽講座第3回

音程と音階

音程について

さて前回音符の話しをしましたが、その中にドレミ等の
音の名前が出てきました
音の名前の事を音名といいます
余談ですがドレミファソラシドには
他にどのような呼び方があるかご存知ですか
ちなみにドレミはイタリア語です
日本語では
ハニホヘトイロハと呼びます
英語ではCDEFGABCと呼びます
他にもあるので調べてみると面白いかもしれませんよ

さて本題に入りますがドとレ等音と音の間
つまり音の高さの差の事を音程といいます
歌を歌っていて「音程がずれた」
という声を良く聴きますが
音を外しても外したまま高さの差だけを
守りつづければ音程は、ずれていないのです

ここで気づく方もいるでしょうが
音程は2つ以上の音がないと関係として成り立ちません
(1つじゃ音の高さに差なんて出来ませんものね)
その2つの音の間に含まれる音名の数の事
といいます
例えばドとレの間にはドとレの2つの音名が出てきますよね
そこでこの関係を2度といいます
ドとミなら3度、ドとファなら4度という具合です
低いドから高いミまでならどうでしょうか?
10度と言ってもいいんです
でも大抵これも3度と呼びますけどね
低い音を8度上げて高い音まで持ってきて数えるんです
なんか変ですよね
でも・・・そうなってるからそうしましょう

さてみなさんはド#とレ♭は同じだと思いますか?
音だけ聞くと同じですよね
でも、楽譜でみると区別されますよね
音は同じなのに名前が違う
こういう音のことを異名同音(エンハーモニック)音程といいます
(混乱してきたかな?ややこしいもんね〜仕方ないよ、分からないとこは質問してね)


音階について

音階というのは簡単に言えば音を階段状に並べたものです
音階には大きく分けて長音階短音階があります
現在聴く音楽のほとんどはこの2つに基づいています
長音階と短音階どう違うのでしょうか
音程のところで度の説明をしましたが
度には別の名前もあります
第1度・・・基音
第2度・・・上基音
第3度・・・中音
第4度・・・下属音または次属音
第5度・・・属音
第6度・・・下中音
第7度・・・導音

下に基音ドの場合の音階を試聴できるようにしました

音階名 音階の音名 クリック
長音階 ドレミファソラシド
自然的短音階 ドレ♭ミファソ♭ラ♭シド
和声的短音階 ドレ♭ミファソ♭ラシド
旋律的短音階 ドレ♭ミファソラシド

音程にも音階にもまだまだ奥があるのですが
混乱するといけませんので(すでにしてる?)
ここではこのぐらいにしておきます
後に注釈として、少しずつ説明を入れていきますので
それまでは音程の意味と
音階は大きく4種類あって
こういう音程なのかとだけ理解してくれてたらいいです