NKの音楽講座 第六回

 和音の種類と構成

三和音とは?

三和音というのは和音の中でも最も基本的な和音です
読んで字の如く3つの音で構成されています
今回は三和音の中でも基本中の基本となる
和音についてみていきます
その種類は4種類
長三和音・短三和音・増三和音・減三和音です
この和音を知るには長音階と
和声的短音階の上に2音づつ等間隔に音を並べて見ると分かり易い
下に図を用意しましたのでそちらを見てください

これは長音階に音を並べたものです
左側に長音階
右側に2音づつ音を等間隔に並べたものを
記しました
これは短音階に音を並べたものです
左側に和声的短音階
右側に上と同様に音を並べたものを
記しました

和音の音程を見てください
全部で4種類あるのが分かりますか?
長三度、短三度を重ねたもの(ド・ミ・ソ等)
短三度、長三度を重ねたもの(レ・ファ・ラ等)
長三度を2つ重ねたもの(ド・ミ・#ソ等)
短三度を2つ重ねたもの(シ・レ・ファ等)
この4種類が分かりましたか?
(度の意味が分からない人は過去の講座を見てください)
長+短の関係を持つ和音を長三和音
短+長の関係を持つ和音を短三和音
長+長の関係を持つ和音を増三和音
短+短の関係を持つ和音を減三和音
といいます
この中で長と短の三和音は協和和音と呼ばれます
それ以外のほとんどすべての和音は不協和和音といいます
このように基本的な和音は音階に基づいて構成されているのです
音階を使って説明したのはその為です
勿論音階を無視した和音も多数あります
それは次回に説明する予定です


和音の表示

上で長三和音等のように日本語で説明しましたが
和音の表示の仕方には他にも種類があります
その中でも代表的なものを一覧にまとめて見ました
*すべて基音ドの場合で書きます

長三和音 C(メジャー)
短三和音 Cm(マイナー) C-
増三和音 Caug(オーグメント)
減三和音 Cdim(ディミニッシュ) C+又はC+5

この他に有名な表示法には
T、U等ギリシャ数字で表すものもあるが
これは一覧に表示しているものとは
解釈の仕方が異なるので
ここでは取り上げないでおきます


和音の転回

和音は決まった形がない
つまりCの和音だからといって
ドミソと演奏しなければならないということはないのです
一番下のドの音を1オクターブ上に持っていってやり
ミソドと演奏してもよいのです
同じようにソドミとしても勿論OKです
このことを和音を転回するといいます
下に展開した和音を記しました

基本形
第1転回形
第2転回形

三和音の基本的なものは理解できましたか?
この4種類だけ知っていても
大抵の曲は演奏可能です
C7のようにおまけがついているものは
無視して演奏して見て下さい
立派に演奏できますから(笑)
次回からはもっと複雑な和音に入ります
しっかりと復習して下さいね