音楽講座 第8回

さて、いよいよ作曲の実践の方に入っていきます
ただし・・・ここからは自分で拾得するしかないことが多くなります
そしてあなたのセンス如何でどのようにも変わっていきます
第8回ではヒントとしてちょっと手助け程度に
コード進行について説明します


コードの親戚

コードは前回までに理解したものとして話を進めます
さて、題名にもあるコードの親戚とはどういうものなのでしょうか?
例えばCコードとAmコード
ドミソとラドミですね
この2つに共通点があります
見てそのままですがドとミの音です
このように共通の音を持っているコードというのは
人間社会で言う親戚のように親密な関係があります
つまりコードの親戚です(笑)
下の図を見て下さい

このコードの並びを見るとAとE、F#mとC#mなど
いわゆる親戚のコードが並んでいるのがわかると思います
こういうコードの進み方のことをコード進行と言いますが
この場合のコード進行は数ある楽曲の中でも
最も多いコード進行の一つです
例えば聞いて分かった人もいると思いますが
パッフェルベルのカノンなど
まさにこれそのままですね(笑)
音感が優れている人の中には
コードを知らなくても感覚でメロディに合う音が
分かってしまうという例もあるようですが
たいていの人は分からないと思います
裏技とまでは言いませんが
コードで迷ったら以外と親戚のコードの中に
合うものがある例は少なくありませんよ(^O^)


7thコードの使い方

7thコード、つまりC7とかG7のようなセブンスコードです
このコードにはこのコードにしかできない
すばらしい進行方法があります
もちろんこの使い方だけじゃありませんが
この使い方は作曲をはじめたばかりの頃は
お世話になる人も多いでしょう
私もかなりお世話になりましたし
今でも多用しています
まず下の図を見て右側の操作パネルで再生してください

どうですか?
なるほど・・・こういう感じの音はよく聞くなぁ・・・
という感じでしょう?
7thコードには次へと繋げるための
独特の効果を持っています
上の例の場合次はFコードがしっくりくるでしょうか(^O^)
個人的にこのコードの使い方が目立って多いと感じるのは
カーペンターズですね(^O^)
楽譜をお持ちの方は見てみるといいですよ
彼らはかなりこのコードを多用しています


NKからのアドバイス

コード進行には決まった形がないと言ってもいいでしょう
特に現代音楽ではコード自体が存在しないもの「N.C.」(ノン・コード)も
たくさんありますし
ドラムなどリズムを刻ませた上に適当に音無き音を乗せているだけのようなものもあります
気持ちいい音、グルーブ感、そういうものを重視しているのが
原因なんでしょうが・・・
これも立派に音楽と言えるでしょう
しかし・・・これではサンプルをつなぎ合わせることしかできない
作曲家にしかなれません
私は最低限の知識は必要だと思っています
その為にも、自分らしさを忘れずに
音に対する知識と親しみを常に持っていることが大事だと思います

この講座を読んでくれているみなさんに対しては言う必要ないことですね(^O^)
さて、次回はいきなり飛躍しますよぉ
和声学を伝えようと思ったんだけど・・・難しいし・・・
下手に知識を優先させるのは得策ではないと最近感じるようになりましたので・・・
この講座はもともと楽しみながら自然にマスターする事を目的としてますしね(^O^)
そこで!!!
いきなり作曲本番に入ります(^O^)

次回までに宿題を出しておきますねぇ(^O^)
このページの上の方の楽譜(コードの親戚で扱ったもの)のコード進行に合う
メロディーを考えておいてください
出来ればシーケンスソフトや
外部シーケンサーを準備しておいてもらえると嬉しいですね
そのほうが自分で楽しみながら次回の講座を進めることが出来ますよ(^O^)

ちなみにシーケンスソフトはフリーウェアでも出ていますし
スーパーファミコンやプレイステーションでも出ています(奏で〜る とかいうやつ)
それでは次回講座をお楽しみに(^O^)