音楽講座 第9回

<はじめに>
今回からは前回宣言したとおり
シーケンスソフト(またはそれに代わるもの)を使用することを
前提として話を進めていきます
準備していない人は準備をしてから受講して下さいね
本文中に各楽器を出しますが
例)ベース、ドラム等
これはお持ちのソフトで好きなものを選択してくれて構いません
皆さんの作る曲ですから皆さんの好きなようにどうぞ


実際に曲にしてみよう

さていよいよ実践ですね(^O^)
宿題はやってきましたか?
忘れた人は廊下に立ってなさい!!(``(C==(`_`)パ〜ンチ(爆)
私はこんなメロディを作ってみました
この間のコードの上に貼り付けてあるので
どういう曲か雰囲気はわかると思います
トランペットの音がメロディですよぉ

demo_song01.mid

皆さんはどんなメロディを考えましたか??
じゃあそのメロディの上に分かりやすく
ピアノの音でコードを入れていきましょう
コードは1拍ごとに刻んでいきましょう
そうすると上の私の作ったデータのように曲の雰囲気が分かりやすくなったでしょう(^O^)
ここで!!聞いてみて明らかにコードと合っていないという人は
宿題をやり直しましょう(^O^)

そうそう・・・今回の講座はすべて4/4拍子で話を進めていきます

では、今作ったデータの上にベースを載せてみましょう
今回は初回ですので難しいことは言いません
コードの基本となる音
つまりCコードならばドの音
Dコードならばレの音
G#ならばソ#の音を重ねましょう
これはとりあえず2分音符で入れましょうか

demo_song02.mid


どうですか??
大分らしくなってきたでしょう(^O^)vヤッタネ
さてここまで来ると自分の作りたい曲のイメージがわかるでしょう?
本来は既にイメージが出ていたりするものですが
今回は初回ということでここで曲のテンポを決めましょう(^O^)
私は四分音符=100回/毎分
というテンポにしました
皆さんは皆さんの作っている曲を聴いて決めて下さいねぇ

さて次にドラムを入れてみましょうか
「俺が作りたいのはポップスじゃない!」
という人もいるでしょうが
今回はあくまで作曲に親しんで貰うためのステップですので
おとなしくやってみてくださいね

楽譜上で言うと上のドラム譜を入れて下さい
いわゆるエイトビートの基本的なパターンです

demo_song03.mid


どうですか??
感動してる人も多いのでは??
そう!作曲は難しそうだけど
基本的なことをやるだけでも立派に曲になるんです!!
さてここまできたら後は・・・好きなようにデータをいじりましょう(笑)
ここからがあなたのセンスの見せ所ですよぉ〜〜
今入力したデータを変えるもよし
新しい楽器を増やすもよし
ただし!!
この曲は決まったコードの上に成り立っていることを忘れずに!!
さて私もやってみました
参考までに聞いてみて下さいね

demo_song04.mid


どうですか??
かっこよくなりましたか??
ちなみに私のデータを聞くと分かるとおり
音が楽器ごとに右から聞こえたり
左から聞こえたりしてますね
これをパンポットというもので設定するのですが
これは各ツールによってやり方が異なるので
皆さんがお使いになってるツールの説明書を読んで
やり方をマスターして下さい
そしてリバーブやコーラス等のエフェクトの設定もツールによって
色々あると思います
ちなみにリバーブは残響音のことで
お風呂場で歌ったときのような残響音をシュミレートすることが出来ます
コーラスは音に深みを与えます
が・・・ベースにはあまりリバーブをかけませんし
ドラムにはコーラスをかけません
その辺はみなさんの耳を頼りにがんばって下さい
さて、初めての作曲〜編曲はいかがでしたか??
うまくできたという人も
どうもうまくいかないという人もいるでしょう
同じコード進行でいいですから
何度も繰り返し作曲してみてください
何度もやればやっただけ上達しますよ
次回は、短い曲ではなくて長い曲に挑戦してみましょう