〜基礎編〜

この簡単ピアノ講座は、「ピアノをやってみたいけど今更習いに行くのも・・・」という人が
簡単に短時間で自分のペースでピアノが演奏できるようになることを目的とした講座です
テキストとして、「月刊歌謡曲」 出版:ブティック社 ¥約500円を使用します
日本のポップスがメインの楽譜集ですがこの講座の教材にはもってこいです
自分の好きな曲で練習できますしね


◆◇◆まずは楽譜を読めるようにしよう◆◇◆

楽譜が読めなければ何もできません
読める人はここを飛ばして下さいね
楽譜とは実に簡単単純な構造をしています
楽譜の読み方を知らない人はこちらを見て楽譜の知識を身につけて下さい
楽譜の読み方が理解できましたら次に進みましょう


◆◇◆まずは右手から◆◇◆

いきなり両手で演奏を始めて弾けるなんて人はいません(たぶん)
ピアノ教室で習う時もまずは右手からが基本です
ピアノの鍵盤の上に右手を置いてみましょう
置き方は一度手をぎゅっと握ってその後力を抜いて下さい
手のひらに卵一つ分はいるような形になったでしょう
それがピアノを演奏する時の手の形の基本です
ピアノを演奏する時は手の甲と手首のラインをまっすぐに
鍵盤と平行になるようにします
ひじは100〜120度ぐらいの角度になるようにします
椅子の高さは自然にその形になるように調節して下さい

出来たら音を出してみましょう
好きな音を出してみてください
鍵盤を押す時に手首が下がっていませんか?
手の甲と手首は常に直線ですよ
そこに気を付けながらもう一度好きな音を鳴らしてみましょう
おや・・・??
手に鉄骨が入っている人がいますねぇ・・・・
手の力は抜いて下さいよ〜
同じく肩やひじの力も抜いてください
力を入れなくても鍵盤は押せますよ
まずはこの手の形をしっかりマスターしなくてはかっこいい演奏ができませんよ
自然に出来るまで意識しながら練習しましょう

指番号 1 2 3 4 5

上図のような指番号を使って次の説明に入ります
まずドレミファソラシドと演奏してみましょう
指使いは1-2-3-1-2-3-4-5です
1-2-3と演奏した後1番の指を手の平の下から通してファの位置に持って行きます
出来るまで繰り返してやってみましょう
出来たら次は下りです
ドシラソファミレドと演奏しましょう
指使いはさっきの逆になります
つまり5-4-3-2-1-3-2-1
5-4-3-2-1の後3番の指で1番の指を上から越えてミの位置に持って行きます
その時手の甲と手首はまっすぐ平行にしたまま
ひじを使って左側へ移動させてやります
手首は動かしてはいけません
これも出来るまでひたすら練習しましょう
30分もやれば出来るようになるでしょう(笑)
そしてこれから毎日の練習を始める前5分間はこの練習をしましょう
体が自然と覚えてくれますよ

それでは実際に曲に入りましょう
いきなりか!?
と思う人もいるでしょうけど・・・
基本練習からみっちりやりたいですか?
それにこれは簡単ピアノ講座ですからね
上で説明した手の形を崩さないように意識して
自分の好きな曲を練習すれば楽しみながら綺麗な形を覚えることが出来ます
それでは自分がこれだ!と思った曲を演奏してみましょう
楽譜を見て右手で演奏します
間違えても気にせずにスラスラ弾けるようになるまで何度も弾きましょう
もしリズムがわからなくなっても慌てず楽譜の基本を思いだして
それでも分かりにくかったらCDを聞いてやってみましょう


◆◇◆左手の練習◆◇◆

指番号 5 4 3 2 1

左手の指番号は上図の通りです
手の形は右手と同じです
ドレミファソラシドを演奏してみましょう
5-4-3-2-1-3-2-1という指使いです
この指使いは右手の下りと同じです
次にドシラソファミレドと演奏してみましょう
1-2-3-1-2-3-4-5という指使いです
これは右手の上りと同じです

今回はここまでです
何度も言いますが手の形をしっかり意識して反復練習をして下さい