〜上級編〜

前回までで伴奏は完璧になりましたか?
毎日楽しく演奏し続ければどんどん上達して
分りにくかった説明の意味もつかめてきますよ
最後の上級編では演奏の仕上げとここまでマスターした後
より楽しむためにはについてふれていきます

●アルペジオ+メロディ+コード●

なんのことやら・・・・
と思わずに考えてみてください
感じている人も多いと思いますが
左手でコードを抑えると意外と曲に自由が効かなくなります
かといって右手でコードを抑えるとメロディーの演奏はどうするの?
大丈夫ですよ
例えば「ちょうちょう」の出だしCコード
メロディーは「ソ−ミ−ミ−−」となりますが
ここの演奏を改造してみましょう
「[ドミ]-ド--ド--ソ-ド-ミ」
赤い文字が元々のメロディーです
和音の一部にソを含ませ
アルペジオの中にミを2回含ませる
これでアルペジオ+メロディ+コードが出来上がりましたね
実はこれが即興でピアノを演奏する際に
我々が即興で行っている作業に他なりません

左手と右手を様々な方法で組み合わせて
曲に合った表情を持たせながら
メロディも奏でる
今は難しそうに感じるかもしれませんが
最初はゆっくり音を確かめながらやってみてください
5曲10曲とやっていくうちに
どんどん応用が効くようになり
どんどん即興で演奏できるようになっていくはずです

●これからの楽しみ●

ここまでで本サイトのピアノ講座はおしまいです
あくまで初心者が簡単にピアノに親しめるように
と説明してきましたが
ピアノの楽しさはこれだけではありません
偉人が作った曲を弾きこなす楽しみもあります
連弾なんて楽しみもあります

でもピアノを習っていない私には無理では?
と考えている方・・・
指もろくに動かなかった人が
今ではピアノ曲を見ただけで編曲して演奏しているではないですか?
指が動きませんか?
十分動いているでしょう
音符が読めませんか?
見ただけで読めるようになっているでしょう

楽しみながら演奏していたあなたはすでに初歩的な演奏技術を身に付けているのです
恐らく難易度A〜Bの曲であれば
練習すれば演奏できる技術が身についているはずです
ならばそれらの難易度の曲を演奏しましょうよ
そしてその演奏を楽しみながらもっと上達しましょうよ
諦めずに楽しめば立派な趣味になること間違いないと思いますよ

●最後に●

このピアノ講座をご覧になった方へ
楽しんでね(*^^*)