音楽を制作する方法は一つではありません
様々な方法を組み合わせることで制作されます
これから音楽制作を始める方は、まず何を揃えて何をすれば良いのか
そして、それは一体どういうものなのかを
このコンテンツを参考に知ってください
個人で作る範囲で最低限必要なものを紹介します
マイクやエフェクターなどは記載しません

種類と作成方法

作成の種類をクリックすると簡単な説明ページが別ウインドウに表示されます
★・・・それ自体が必要なもの  ☆・・・どちらかが必要なもの(☆または☆)

◆◇◆一発録音◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
★録音機(何でもOK)★ バンドなどの演奏をそのまま録音する
◆◇◆外部シーケンサーで作成◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
☆オールインワンシンセ等ワークステーション☆ midiファイル作成をパソコン上で行うか、外部機材で行うかの違い
外部機材に音に関する情報を入力することで作成する
☆外部シーケンサー☆
◆◇◆外部ハードディスクレコーダーで作成◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
★外部ハードディスクレコーダー★ 外部ハードディスクレコーダーを使用して音を録音し編集する
◆◇◆生演奏を録音編集する◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
★MTR★ 各楽器を演奏しそれをMTRに録音していき
録音できたものを編集する
★各楽器★
◆◇◆音声ファイルを結合しMIXする◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
★パソコン★ waveファイルなどの音声ファイルを制作したり、サンプル集を使用し
それらを編集ソフトにより結合、合成して作成する
=デスクトップ上でのハードディスクレコーディング
★編集ソフト★
◆◇◆PC上でmidiファイルを作成する◆◇◆
最低限必要な機材 作成方法
★パソコン★ パソコンを使用してシーケンスソフトに
音に関する情報を入力することで作成する
★シーケンスソフト★

※出来たファイルはwaveやMP3にするなりCDにするなり好きにできます(HDRしたものをmidiにするなどを除く)

組み合わせで活用しよう

上記で紹介した種類と方法はあくまで最低限の作成方法です
これらは組み合わせて使うことが出来ます
例えば
PC上で作成したmidiファイル生演奏ハードディスクレコーダーで録音したものとを
MTRを使用して録音編集すれば
上記方法を3種類組み合わせた制作ということになります
こうすることでより多彩な音楽制作が可能になります
必ずこうしないと作成できないということはありません
様々なアイデアを駆使して組み合わせていくことでそれぞれのスタイルを見つけて下さい