◆◇◆midi音源の役割◆◇◆

midi音源というのは、midiファイルをはじめとする音に関する情報を扱うファイルが
音を出すのに重要な役割をもったものです

音の情報を受け取り音を出す・・・言わば「音の銀行」と言ったところでしょうか
例えばmidiファイルを再生した時に
「バイオリンの音でラの音を全音符分発音してくれ」
とmidiが要求すればmidi音源は「かしこまりました」とばかりに指定された音を出してくるのです
言いかえればmidi音源がなければmidiファイルは再生できません

◆◇◆midi音源の種類◆◇◆

midi音源にはハードとソフトの2種類があります
ハードというのはみなさんのPCの裏側にスピーカーなどに繋ぐケーブルを指す場所があると思いますが
それらがついているボードのことを指します
このハードの音源のことを「音源ボード」とか「サウンドカード」と呼びます
一般的なDOS/V機の場合オンボード(マザーボードに最初からついている)かPCIバスにさす場合が多いです

同じくハードと呼ばれるものに「外部音源」というものがあります
一言で言えばPCなどに内臓されずに外に置いて使う音源のことです
この音源の最大の特徴と言えば音質の良さでしょう
midiの音を出すことだけを目的に膨大な情報をもつ音源として形成されているだけあって
音質機能共に他のハードやソフト音源とは比較にならないクォリティーを持っています

前文でも登場したソフト音源は、音の情報をソフトウェアとして確立したもので
ものによっては非常に良い音を出してくれます
しかしやはり外部音源には到底太刀打ちできません
しかし外部音源よりも安価でそれなりの効果を得られることから人気も強いです

◆◇◆GMとかGSとかXGって?◆◇◆

GM・・・ジェネラルmidiの略語で全ての音源共通の規格とされる
GS・・・Roland社が提唱する音源の規格
XG・・・YAMAHA社が提唱する音源の規格

GMというのはどの会社の音源を使用しても同じ音で聞くことができる用に
共通の規格とされるものです
そうしないとみんなが同じ音で聞くことができませんからね
もっとも音質は音源によって異なります
GSやXGは独自の音を持っていますがこれを完全に聞くためには
推奨される音源を使用しないといけません
その代わり、音源によっては本物さながらのリアルな演奏が可能になります
ちなみにGSやXG音源を使用してGMを再生するとGMとして再生されます