音楽に使われる端子・ケーブル

コンポを繋いだり、DTMをしたり・・・
音楽には様々なケーブルや端子が使われます
しかし、店でケーブルや端子を買おうと思ってもなかなか上手く伝えられないことや
友達に接続を教える際に上手く説明できない場合が多々あります
そんな時のために、ここでは一般的に音楽関係で使用される端子類を紹介します

※見た目に同じ形状のものは別種類でも同じ画像を用いていますので誤解のないようにお願いします

画像 名称 形式 説明
モノラル・フォン(オス)
(小口径)
アナログ 携帯ラジオなどのヘイヤフォンに使用される規格で
端子部分のRINGが1本であることがモノラルの目印
使用用途はモノラルのイヤフォン等以外にはあまりない
モノラル・フォン(メス)
(小口径)
アナログ 上記モノラル・フォン(オス)が挿し込まれる側のもの
見た目ではステレオ・フォン(メス)と見分け難い為
購入前にはしっかりとチェックしないと間違える
モノラル・フォン(オス)
(大口径)
アナログ ギターとアンプを繋ぐのに使用される規格で
端子部分のRINGが1本であることがモノラルの目印
ミキシング・コンソールへの入力など使用範囲は広い
モノラル・フォン(メス)
(大口径)
アナログ 上記モノラル・フォン(オス)が挿し込まれる側のもの
見た目ではステレオ・フォン(メス)と見分け難い為
購入前にはしっかりとチェックしないと間違える
ステレオ・フォン(オス)
(小口径)
アナログ ウォークマンなどのイヤフォンなどに使用される規格で
端子部分のRINGが2本であることがステレオの目印
使用用途は極めて多く、もっとも多様する規格の一つ
ステレオ・フォン(メス)
(小口径)
アナログ ステレオ・フォン(オス)が挿し込まれる側のもの
見た目ではモノラル・フォン(メス)と見分け難い為
購入前にはしっかりとチェックしないと間違える
ステレオ・フォン(オス)
(大口径)
アナログ エフェクターなどの接続に良く使用される規格で
端子部分のRINGが2本あることがステレオの目印
使用用途は音楽をやる人にはかなり多い
ステレオ・フォン(メス)
(大口径)
アナログ 上記ステレオ・フォン(オス)が挿し込まれる側のもの
見た目ではステレオ・フォン(メス)と見分け難い為
購入前にはしっかりとチェックしないと間違える
ピン(オス) アナログ コンポの接続やビデオの接続などでお馴染みの規格
赤と白(画像用に黄色もある)があり通常白がLEFT(左)
赤と白二つ揃ってステレオになるが
どちらか一方しかない場合はモノラル
(赤と白じゃないものもある)
ピン(メス) アナログ 上記ピン(オス)が挿し込まれる側のもの
オスと色を合わせれば良いため接続は間違えにくい
XLR[キャノン](オス) アナログ 音楽制作現場ではもっとも多く使用される規格の一つ
通常キャノンと呼ばれている
丈夫で長持ちする上、ノイズなども少ない
XLR[キャノン](メス) アナログ 上記キャノン(オス)が挿し込まれる側のもの
フォンやピンと異なり差込口が大きいので
キャノンを扱う際には埃に注意が必要
光台形(オス) デジタル MDなどのデジタル機器に良く使用される規格
アナログと異なり音質劣化が少ないのが最大の特徴
デジタルでやり取りするためステレオもモノラルもOK
Nothing 光台形(メス) デジタル 上記光台形(オス)が挿し込まれる側のもの
使用しないときはキャップなどをして誇りや傷を防ぐ
事を忘れずに
光筒型(オス) デジタル 上記光台形(オス)との違いは形状だけで
その性質は同じもの
使用する機材に合わせてどちらか決めることになる
Nothing 光筒型(メス) デジタル 上記光筒型(オス)が挿し込まれる側の物
使用しないときはキャップなどをして誇りや傷を防ぐ
事を忘れずに
midi(オス) デジタル Musical Instrument Digital Interfaceの略語で
音のデータをやり取りするのに使用される
DTMでmidiファイル制作をする人にはお馴染み
midi(メス) デジタル 上記midi(オス)が挿し込まれる側のもの
一般的には機材側についている
挿し込む向きに注意しないと中の金属が折れる

以上が良く見かける端子ですが、この端子によってケーブルの名称も変わってきます
例えば一方がステレオ・フォン(オス)
もう一方もステレオ・フォン(オス)の場合
ステレオ・フォン(オス)-ステレオ・フォン(オス)/ケーブルと呼ばれます
一般には省略してフォンフォンケーブルと言ったりもします
同じ要領でピンピンケーブルやフォンピンケーブルなど使い分けると便利でしょう

また、ケーブルは端子ごとに互換性を持つものがあり
例えば一方がステレオ・フォン(メス)
もう一方がピン(オス)
などのように、機材を接続する際の用途によって自由に選べますが
あまり需要のないケーブルは置いてある店が少ないため注意しましょう

アナログのケーブルはその組み合わせが多種多様にあります
ステレオ・フォン(オス)1本をステレオ・フォン(オス)2本に分けたりなど
単純な構造だからこその特権ですね
端子の規格が異なるから接続できないということはありません
それぞれの端子に合うように変換ケーブルを選べば良いだけです
こういう規格のものはありますか?という質問はこちらへどうぞ




Back