京都障害児者親の会協議会のホームページへようこそ。  

  当協議会は、昭和44年(1969年)9月、障害児者の福祉の向上を願う障害児者親の会
 
 が一つとなって結成されたもので令和4年(2022年)5月17日現在、加盟28団体会員数

 2,825名となっています。

 主な事業は、障害のある人とその関係者のための電話相談や弁護士等による専門相談

 を行う「京都府障害者相談センター」の運営、親の会役員やリーダー等を対象とした研修

 会の開催、機関紙「京親協たより」の発行、療育キャンプ、レクリエーション事業等への助成

 はたちを祝うつどい式典事業、グループ訓練事業、ボランティア活動支援事業などを行って

 います。
 
  また、障害者ふれあい広場「レクリエーションフェスティバル」、とっておきの芸術際、障害者

 のつどいなど多彩な事業を関係団体と共催しています。


    お知らせ     

☆ 令和4年度の役員・リーダー等研修について

研修計画

   内容等 研修形式   講師 日時  会場 
 第1回  「アイデアを前に進めるために
令和3年度の研修ではアイデアを出すために、「ブレインストーミング」の手法を体験しました。
今回は、アイデアを実行するための方法や実際の手段について考える機会にします。
 グループ討議  京都市北部障害者地域生活支援センター「きらリンク」センター長
土屋 健弘氏

京都市南部障がい者地域生活支援センター相談支援専門員
出口 剛史氏

特定非営利活動法人理事長 
地主 明広氏
 7月4日(月)
正午〜3時
締切6月20日
 ルビノ京都堀川
平安
 第2回  「成年後見制度について@」〜北川弁護士による講演と意見交換第2回は北部で開催します。成年後見制度の仕組みや具体的な事例について講演していただき、意見交換の時間を持つ予定です。 講演とグループ討議    北川法律事務所
弁護士 北川 英幸 氏


京都市南部障がい者地域生活支援センター相談支援専門員
出口 剛史氏
  9月30日(金)
正午〜3時
締切9月16日
 市民交流プラザ
ふくちやま
 第3回  「成年後見制度についてA」成年後見制度の実態〜親族後見人、法人後見、市民後見人を中心に〜
京都市成年後見支援センターによる講演と意見交換
専門職以外の成年後見制度の仕組みと実態について基本的な部分を学ぶ予定です。
  京都市成年後見支援センター

「きらリンク」センター長
 土屋 健弘 氏

「あいりん」相談支援専門員
 出口 剛史 氏
  11月29日  (火)
正午〜3時
締切11月15日
 京都テルサ
セミナー室

 

 

 
☆2022年度『障害者専門相談』開催日程をお知らせいたします☆   
 
           ページ上部の「専門相談日程表」をクリックしてください
                                         

news
  

                 

  

  
☆ 令和4年度総会は5月28日(土)に
ルビノ京都都堀川において開催予定をしております。
 

※ 新型コロナウィルス感染防止のため「中止」又は「変更」される場合もあります。

 

令和4年5月17日更新                    
  

    

           京都障害児者親の会協議会 

           〒606-0846 京都市左京区下鴨北野々神町26番地
                    北山ふれあいセンター内

                   電話075-702-1180
                   FAX075-702-1190

      

             京親協へのアクセスはこちら              

                       

                                                

日時 

 

 


締め切り

yd